Top > 住職敬白(住職が謹んで申し上げます) > 「いのち」は願いを受けて生まれた(2011.5.20)

「いのち」は願いを受けて生まれた(2011.5.20)

東日本大震災からふた月あまりがたちました。
あらためて被災の様子などをうかがうと、私たちの「いのち」はなんてはかなくて、不安定なものなのだろうと実感いたします。

私たちは、ふだん「いのち」に限りがあることに気がついていません。しかし、「いのち」には限りがあるのです。たいへん残念で、耐えがたい思いに駆られます。

 
そんなとき、ある布教師さんが書かれた、「「いのち」は願いを受けて生まれた。ポツンとそこにあるのではない。支えられて、生かされている」という文章を目にしました。
私たちのいのちは、ずっと伝わってきたいのちを受け継ぎ、たくさんの願いを受けながら生まれてきたものであり、今も大勢の人やモノに支えられているから、こうして生きていけるのだ、、という意味であるようです。

そう聞くと私たちは、「いのち」をたいせつにしなければと感じることでしょう。復興への思いも、きっとそこから湧いてくるものと思います。
それは、じつは「いのち」に限りがあることの証拠でもあります。もしもそうでなければ、あることが当たり前になり、大切に思うことも、愛おしく思うこともなくなるからです。

 
「いのちを愛しく大切にすること」と、「いのちが不安定で限りがあること」は、車の両輪のように離れることはありません。どちらかが消えれば、もうひとつも消えてしまいます。
いまぶじに暮らしておられるみなさまも、どうか、ときに思い出してください。私たちはその両輪のバランスの上で、毎日生きていることを。

Top > 住職敬白(住職が謹んで申し上げます) > 「いのち」は願いを受けて生まれた(2011.5.20)

Return to page top