Top > 住職敬白(住職が謹んで申し上げます) > 命をいただきます(2012.7.10)

命をいただきます(2012.7.10)

食事の前「いただきます」と言うのは、「食材の命をいただくのだ」と聞いたことがあります。私たちにとって食事は、より良く生きようとするためにも欠かせない営みですね。
失礼ながら、みなさまは手を合わせ「いただきます」と口にされているでしょうか。

私も、家の中ではちゃんとできます。

外でも、子どもといっしょだと、きちんとできます。

でも外で一人だと、すぐ忘れます。

これぐらいのことができなくてどうするのだろう、と正直思います。

 
曹洞宗をお伝えになった道元禅師も、食事をたいせつな修行とお考えになっていました。

食事を作る心構えとして、『典座教訓(てんぞきょうくん)』や、食事をいただく心構えとして、『赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』といった書物まで残されています。
とくべつなことではない、ふだん毎日を生きる中にこそ、本当にたいせつなものがあるという、信念をお持ちだったからです。

 
やっぱり私たちは、命をもらわないと命をつづけていけません。
もらったら、その恩をどうやって返そうか。誰に返そうか。

きっとひとりひとり、ちがうやり方があるのでしょう。

Top > 住職敬白(住職が謹んで申し上げます) > 命をいただきます(2012.7.10)

Return to page top