わたしのご先祖サマ(2015.8.1)

お母さんが亡くなって2年。またお盆が来たよ。
もうだいぶなれたけど、写真見たらちょっと涙がでるときもある。
そういえばおばあちゃんが亡くなったときも、お母さん、写真見て泣いてたこともあった。こういうのって遺伝なのかな。
 
 
でもさっき、ふっと思ったんだよね。
おばあちゃんも、ひいおばあちゃんが亡くなったとき写真見て泣いたのかなって。
 
そしたらなんか想像しちゃって。
ひいおばあちゃんも、ひいひいおばあちゃんが亡くなったとき写真見て泣いたのかな。
ふしぎなんだけど、考えはじめたらもう止まらない。
 
 
わたしお母さん好きだった。やさしかったから。おばあちゃんもやさしかったらしいし。
そう思ったら、また止まんなくなっちゃって。
ひいおばあちゃんも、おばあちゃんにやさしかったのかなあ、とか、
ひいひいおばあちゃんも、ひいおばあちゃんにやさしかったのかなあ、とか、もうきりがない。
 
 
それでヘンな顔してたらお父さんに見られちゃって。その話したらお父さん、
「ご先祖サマはみんなやさしかったんだよ」 だって。
 
 
そうか。
じゃあ、100年前のご先祖サマも、200年前のご先祖サマも、もしかして1000年前のご先祖サマも
 
 
  こどもが友だちとけんかして落ち込んでたら、話聞いてくれてたんかなあ。
  帰りがおそかったら、すっごい顔しておこったりしてたんかなあ。
  ちょっとおしゃれしたら、似合うよって言ってくれてたんかなあ。
  はじめて彼氏つれてきたとき、なんか緊張したりしてたんかなあ。
 
 
みんな昔からやさしかったから、きっとお母さんもわたしにやさしかったんだね。
ぜんぜん知らないご先祖サマなのに、ちゃんとわたしにもつながっているんだね。